日常から離れる

「サンライズ」

No.122